kanizaのブログ

Apple 関連やコンピュータ、映画、音楽関連や家族のことなど、興味があることを書きます。

THE YELLOW MONKEY 16 年ぶりのライブに行ってきた話

f:id:kaniza:20160705174021j:plain

ちょっと時間がたってしまったけど書いておく。ネタバレはなし。

7 月 5 日に、16 年ぶりとなる THE YELLOW MONKEY 全国ツアーのライブにいってきた。大阪城ホールで、今ツアーの大阪 2 日間の初日だった。

ひとことで言うと、すげー楽しかった。

正直な話、1 月 8 日に再集結が発表されたとき、嬉しかったのは嬉しかったけど、諸手をあげて大喜びしたわけではなかった。そもそも「イエローモンキーに再結成してほしい」ということを、あんまり思ってなかった。「ありえない」と思ってた。吉井和哉のソロ作品もだいたい気に入ってたし、すでにメンバーにとってイエローモンキーは過去の一部でしかないんじゃないかな、とか想像してた。

それが、休止(後に解散)から 15 年たって、2016 年 1 月 8 日に活動再開が発表されたわけです。今年の 1 月 8 日はこの発表があったり、デヴィッド・ボウイの誕生日だったり、ウチの夫婦の結婚記念日だったり、ボウイが新作「Blackstar」を発売したりと忙しい日であった。

さらに 3 日後の 1 月 11 日(現地時間 10 日)には、デヴィッド・ボウイ死去というあまりに衝撃的なニュースがあって、イエローモンキー復活に喜んでいるどころではなくなったりもしてた。

そんな僕にもありがたいことに大阪公演のチケットが手に入ることになって、少しずつその日が近付いてきた。

6 月には、ふじまるさんの提案でかつてのイエローモンキー仲間で集まってカラオケ大会をやったりして、既にライブにいった人の話をチラ聞きしたり、久々にレインボウマンを歌ったりして意識を高めていった。ずいぶん久しぶりに会う仲間だったけど、当時のようにバカ騒ぎできてしまうのはさすがとしか言いようがない。

そうして迎えた当日、仕事は午後半休にして、大阪城ホールに突撃。娘の面倒を見る関係で、ふじまるさんは 2 日目に行くことになってて、僕は初日に例のイエローモンキー仲間といっしょに参戦することになっていた。現地で合流して、入場。席は正面スタンド席のそこそこ前の方。近くはないけど、遠すぎるわけでもないし、正面から会場全体の雰囲気が見れて良さげな感じだった。開演待ちの間には、プリンスの「Guitar」もかかってて嬉しかった。

で、いよいよ始まった 1 曲目。

どんな気持ちになるのかあんまり想像できてなかったんだけど....いやぁ、もう、きたね、ググッと。

イエローモンキーが活動してなかった 15 年のことが頭をかけめぐって、胸に込み上げてくるものがあった。

15 年前といえば、僕が関西に移り住んだばっかりのころで、右も左もわからずに暮らしつつも、新潟にいたころから交流のあった関西のイエローモンキー仲間のおかげで楽しいこともたくさんあったなぁとか。あの頃は iPhone はおろか iPod もなかったもんね。

あれからの 15 年のあいだに、結婚したり、娘が生まれて成長したりしつつ、たくさんの人にお世話になりながら暮らしてきた。

そして今年はデヴィッド・ボウイが亡くなり、プリンスが亡くなり、他にもいろんなことがあった中で、あの頃に心から好きだったバンドが、いま、満員の観客の前であの頃の曲をライブで演奏している。「ありえない」と思っていた奇跡が、目の前で起きているわけ。すごいよね。

そういういろんな思いが複雑に絡み合って、何とも言えない気持ちになった。ステージにいる 4 人に「いやぁ、あんたらのおかげで、ずいぶん人生楽しくなったよ」と言いたかった。本当にこのバンドがなかったら、ぜんぜん違う人生になってたわけだもんな。万感胸に迫る、というのはこういう感じなのかも。

メンバーからの「大阪!!」というコールも、前は関西に来て間もなくてピンと来てなかったけど、いまや「大阪」という言葉への感情もだいぶ変わってきてて、また違った感触があった。そういう意味でも、時の流れを感じてしまったり。いやー、人生いろいろあるよね。

がっつり 3 時間のライブが終わった後は、いっしょに行ったイエローモンキー仲間と打ち上げ。会場として京橋のすごくいい店を教えてもらった(ココには書かないけど)。また行こう。

次のイエローモンキーはサマーソニックで目撃予定。暑そうだなー。