kanizaのブログ

Apple 関連やコンピュータ、映画、音楽関連や家族のことなど、興味があることを書きます。

ダ・ヴィンチ・コード

映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観た。字幕版。言葉重要な映画だからホントは吹替えにしようと思ったんだけど、満員だった。そもそも吹替え版は席数が少ない。

小説をほぼ忠実に映像化していて、文字だけで分かりにくい点が目で見られて楽しかった。逆に原作で盛り上がっていた謎解きのいくつかが映画ではあっさり終わってしまっていたりもする。序盤、ちょっと展開が早すぎるんじゃないかという気がしたけど、終わってみればかなりの満足感。よくできてた。

小説と映画がちょうど良い補完関係にあるんではないかな。できれば、事前に原作を読んでいた方が楽しめると思う。細かい違いも含めて。

原作と映画、どっちを先に読む/観るかってのはムズカシイ。どっちも出会いは一度だけだからなぁ。