kanizaのブログ

Apple 関連やコンピュータ、映画、音楽関連や家族のことなど、興味があることを書きます。

ハワイに行ってきた

12月22日から26日の5日間、家族でハワイのオアフ島に旅行してきた。

f:id:kaniza:20121222125933j:plain

経緯

今年に入ってから僕は家族に「将来ハワイに住む」と唱えてきた。まぁ、海外のあたたかくて自然がキレイな感じのところで暮らしてみたいなーということで「ハワイに住む」と1日20回くらい唱えていれば、そのうち部分的にでも達成できるかも、くらいのノリで、特に深いことは考えず。

そもそも、僕は沖縄も含めて南の島的なところに行ったことがない。ハワイがどこにあるか、行ったら何があるかもよく知らない。グアムと何が違うのかもよくわからない。ともかく南の島的なところに行ってみたいということで、同僚に話を聞いてみたら「ハワイ最高」的な情報を得るに至った。「やはりハワイか」ということで、引き続き「ハワイに住む」と唱え続けたのだった。

そうやってほとんど何も考えずに唱える僕に、家族から「ハワイに住む前に、いちどは行ってみないと」という意見が出た。そりゃもっともだと思って、いよいよハワイ旅行についての話が持ち上がった。とりあえず本屋に売ってる旅行ガイド本を買ったのが6月ごろだったような気がする。

本を買ったのはいいけど具体的に何か話が進んだわけではなく「へー、時期によって値段がぜんぜん違うのかー」とか思いながら、時は過ぎていった。

そうこうしているうちに、ふじまるさんの実家方面でもハワイ旅行の話が浮上してきて「そりゃ親孝行的にもちょうどいい」ということで、日を合わせて12月のツアーを申込むという方向に。話は動くもんである。年末に向けて12月は旅行代金がちょっと上がるのだけど、22日出発ならさらに年末の最高値ゾーンにはあたらない。それでもそれなりのお金はかかるわけだけど、お金の心配をしているとぜったいに行けないし、親孝行もあるし、来年からは娘も小学生になって動きにくくなるし、ということで、決定。ふじまるさんの実家チーム(お義母さんとお義姉さん)と別口で、同じJTBのツアーに申し込んだ。

オプション申込み

JTBのツアーにはいろいろとオプショナルツアーとかアクティビティというやつがあって、申し込んでお金を払っておけば現地で面白いところに連れていってくれる。はじめてなのでよくわからなかたんだけど、いろいろ検討して、23日の夜のマジックショー、24日の午前中のイルカと泳ぐシュノーケリングツアーを申し込んだ。あとの時間はブラブラしたり、ふじまるさんが行きたいところがあったりしたのでヒマにはならないはず。

行きの飛行機

f:id:kaniza:20121222184307j:plain

飛行機は関空を22日(土)、20:30に出発。ふじまるさん実家チームとは別の便。朝からずーっとパッキングして、18:30ごろ関空に到着。事前にWebチェックインしていたので、空港でのチェックインはスムーズに終わった。空港にあったそば屋で腹ごしらえして、各種出国手続きを完了。久々の海外なのでちょっと緊張したけど、特に問題なく飛行機に乗れた。

娘は生後数ヶ月のころに伊丹から新潟行きの便に乗せたことがあるけど、それ以来の飛行機。窓からは離れた席だったのもあり、空港内をタクシングしているときから「もう飛んだ?飛んだ?」としきりに聞いていた。それでもけっこう冷静だったかな。もっと興奮するのかと思った。娘は離陸して間も無くおやすみモードに。えらい。

僕らは機内で観れる映画の中にリドリー・スコット監督の「プロメテウス」があったので、それを観はじめた。だけど、ふじまるさんの席のコントローラの調子が悪くて、上方向キーを押しても20回に1回くらいしか効かない。そのせいで、ちょっと何かで中断すると再生再開がものすごく面倒なことに。ラチがあかないので寝ている娘と席を代わってみたら、こんどのコントローラは右方向キーが効かない。あまりのキーの効かなさにふじまるさんは力尽きてしまったので、途中から僕はひとりで「プロメテウス」を観ていた。暗くて怖くて面白い映画であった。

現地には22日の朝9:00ごろに到着予定だったので、飛行機で寝ておかないといけない。映画が終わったときに、到着まで3時間ほどあったのでそこからしばらくウトウトしていた。

到着

約7時間のフライトで予定どおり22日の9:00にホノルル国際空港に到着。日付変更線をまたぐので、22日の夜に出発して22日の朝に着く。理屈はわかるけど不思議だ。

入国手続きや荷物回収などを済ませて、外に出てみるとさすが、いい天気。思ったより暑くはない。バスに揺られてアラモアナにあるJTBのツアーセンターに連れていかれた。そこでたまたま実家チームと合流。それぞれ無事に来られてめでたしめでたし。いくつか説明を受けたりして、ホテルに移動開始。

f:id:kaniza:20121222094739j:plain

いい天気の中、窓のないオープンなバスで揺られつつ、さわやかな風と南国風の木々を堪能。たしかにハワイっぽい。

f:id:kaniza:20121223014355j:plain

ホテル

f:id:kaniza:20121223015827j:plain

ホテルはワイキキビーチのすぐ近くのハイアット・リージェンシー。ここがかのワイキキビーチというやつか。ホテルに入ってみるといたるところに日本語での案内があって、海外とは思えないほど。エレベーターがやたらすごい音をたてて動くし、しかも速い。階数表示をちょっとごまかしてるんじゃないかと思うのほどのスピードで動いていた。

僕らは22階(実家チームは38階)。海の見える部屋だったのでとりあえずビーチの全景を高所から堪能。すげーキレイだ。

f:id:kaniza:20121223083027j:plain

プールでの事件

昼ごはんがまだだったので、実家チームとともにホテル内にあるプールの隣にあるお店で腹ごしらえ。ひとり一品ずつ注文したらけっこうな量が出てきて食べきれない感じになった。たしかにここはアメリカだ。

f:id:kaniza:20121223040959j:plain f:id:kaniza:20121223041443j:plain

f:id:kaniza:20121223040953j:plain

f:id:kaniza:20121223035327j:plain

プールを目の前にして、娘がどうしても入りたい入りたいというのでまずはプールに行くことに(親はビーチに行きたかったのだけど)。いったん部屋に戻って水着に気がえて、プールに入ったところで水着のポケットに iPhone が入っていることに気付いた。あわてて救出してみたけど時すでに遅し。たっぷり水につかった iPhone はフラッシュが点灯したまま、動かなくなってしまった。初日にしてこの不覚。

僕の失意をよそに、娘はプールで泳いで大喜び。僕もがっかりしててもしょーがないので気をとりなおして娘と遊んでいた。

旅先での iPhone はカメラとしての役割が大きいので、それがないというのがまずキツい。iPad とか別に持っていったビデオカメラなんかで何とかしないと。幸い、すでに iPhone で撮ってあった写真はフォトストリームにあがっていて、失なわれることはなかった。えらいぞフォトストリーム。

部屋にもどって、ダメもとでスリープボタンを押してみると、シャッターの音が。接触の問題でスリープボタンを押すだけでスクリーンショットが撮れる状態になっているようだ。Twitter に事件を報告したら「やっちまったねー」とのあたたかいメッセージをいただいた。はい。やっちまいました。

あとで、このときのスクリーンショットがフォトストリームにあがっているのに気付いた。画面は真っ暗だけど、まだ動いていたのだ。泣ける。

f:id:kaniza:20121222170004j:plain

晩ごはん

夕方に部屋に戻ってから、3人ともしばらくウトウトしてしまった。夜の7時ごろに目がさめて、晩ごはんを調達しに外に出た。おすすめされていたエッグスンシングスでセットメニューをゲット。おいしかったけどぜんぶは食べきれず。あとはハワイの地ビールっぽいものを堪能。それぞれさわやかな香りがあって美味しかった。

その晩は夕方しっかりめに寝た娘がなかなか眠れず。翌朝、早起きして海に行こうと思ったけど難しそう。

f:id:kaniza:20121231141113j:plain

f:id:kaniza:20121222212717j:plain

2日目(12/23)の朝

やはり寝坊。8:30ごろまで寝てた。今日もいい天気。朝ごはんはホテルの1階にあったサンドイッチ屋さんにて。サドイッチ冷たくていまいち。

この日は昼にふじまるさんがDIY関連のお店に行く予定があったので、朝のうちにビーチに行ってみた。初のワイキキビーチ。海がキレイ。プール好きな娘は海に乗り気じゃなかったけど、いざ波打ち際にきてみたらテンション高まって楽しんでた。ワイキキビーチは人工の砂浜だそうで、わりと狭い。いろんな人がいろんな格好で盛り上がっていた。ビーチはほんの少し、15分くらい遊んでDIYなお店に向けて移動開始。

f:id:kaniza:20121223104222j:plain

バスで移動

f:id:kaniza:20121223121906j:plain

ツアーではJTBの巡回バスに乗り放題で、ホノルル界隈はわりとそれで事足りそうなのだけど、DIY のお店はカバー範囲外にあるのでフツーの路線バスに乗車。大阪でもバスの乗り方はよくわからんのに、ホノルルのバスわかるわけない。けどふじまるさんが iPhone や英語を駆使して、2本バスを乗り継いで目的地に到着した。ふぅ。バスは時間どおりに来ないけど、GPS で状況がリアルタイムで Web に反映されているので、iPhone から随時確認できる。すごい。

DIY なお店ではあたたかく迎えていただいた。娘があれやこれや欲しいというので、せっかくなのでいくつか買い物。お菓子の家とかも買ったけど、そんなの作ってる時間ないぞー(これはけっきょく大阪に戻ってから作った)。

合間にお昼ごはん。これも近くにあったサンドイッチの店。これはあったかかったし美味しかった。店内のお客さんはフットボールの試合を見て盛り上がっていた。2つのテレビでそれぞれ違うチームの試合を放送してたな。

DIY のお店でのミッションを終え、帰り道もバスに乗ってホテルに帰還。

f:id:kaniza:20121223133758j:plain

マジックショー

夜は申し込んでおいたマジックショーを観賞。

まずは食事。お肉、エビなどけっこう豪勢なメニュー。美味。

会場がアヤしげな雰囲気になって、いよいよショーがはじまった。人が消えたりするマジックもよかったけど、途中でフラダンスとかファイヤーダンスもあって、かなりハワイの香りがして盛り上がった。

序盤はちょっと引いてた娘も終わりまでにはグイグイ引き込まれていた様子。立派なエンターテイメントであった。パチパチ。

帰り道に、みやげ物屋さんに娘が気をひかれた。お店のお兄さんのすさまじい売り文句に驚嘆して、けっきょく購入。ちょっとぼったくられたかも。現地の人っぽいけど、すげー日本語がうまい。「あげポヨ〜」とか言ってた。

ホテルに戻って就寝。この日は娘もけっこう早く寝た。明日の朝は早い。

3日目(12/24)の朝

この日は申込んでおいたイルカと泳ぐシュノーケリングツアー。朝 6:30 に集合というのはかなりのチャレンジだったけど、3人ともがんばって 5時過ぎに起きてスタンバイ。朝焼けを見ながらバスに揺られて、オアフ島の西側まで1時間ほどかけて移動した。

到着したら、ライフジャケットや足ヒレ、ゴーグルとシュノーケルを貸してもらった。簡単な説明を受けたあと、ボートに乗ってブオオオオオーっと海に出た。うっすらと雲がかかった天気。海は青くてすごくキレイだし、風も潮風のべったりした感じがあまりなくてさわやかな感じ。

ボートで走っている途中でクルーが「クジラ! クジラ!!」と声をあげた。指さす方向を見ると黒い影が。ホエールウォッチングのツアーは1月にならないと受付してないんだけど、今回はラッキーだったようだ。イルカを見る前にみんな大興奮。下にビデオをのせておく。

40分ほどでイルカのスポットに到着。娘はちょっと船酔い気味でもあって海に入りたくないモードになってしまっていた。とりあえず1回目は諦めて、僕だけ入った。ゴーグルで下を覗くとイルカが3頭いっしょに泳いでいる!ものすごいスピードなのでまったくついていけない。いったんボートに戻ったら、娘もちょっと乗り気になったので2回目は3人でトライ。娘も深い海に飛び込んだ。ただ、飛び込んですぐに鼻に海水が入ってしまって、それが痛くて泣いてしまった。そのまま二人でしばらく浮いていて、いっしょにボートに帰還。しんどかったと思うけど、よくがんばった。えらい。

別のスポットに移動して、そちらではいろんな魚や海ガメが見えた。クジラにイルカに海ガメ、すげーもん見た感じ。

娘は海ガメのときには海に入らなかったけど、クルーの人が魚寄せに使うパンを分けてくれたので、それを海にまいて楽しんでいた。終わりよければすべてよし。これでイルカツアーはひととおり終了。岸に戻って、またバスに揺られて戻ってきた。バスの道中で元大関・小錦の邸宅を通りすぎた。日本の雰囲気がある、大邸宅であった。力士のみなさんはせっかくオアフ島に生まれたのに、わざわざ日本にやってきたわけだな。

ホテルに戻ってきたのはちょうどお昼ごろ。ふー、おつかれ。


ハワイでクジラを見た

お昼ごはん

ホテルの近くにあって気になっていたメキシコ料理屋さんに。タコスとビールを楽しんだ。店の兄ちゃんがいい感じだった。

f:id:kaniza:20121224133705j:plain

ビーチで泳ぐ

ついにビーチに水着で行って、泳いでみた。けっこう波がある。ワイキキビーチも海水は塩からい。しばらく海で遊んで、僕は別件の用事のため家族と分かれていったんホテルに戻った。

f:id:kaniza:20121224151941j:plain

アップルストア

f:id:kaniza:20121223174101j:plain

別件とは、アップルストアに行くこと。昨晩、マジックショーの会場に行く途中、ホテルのすぐそばにアップルストアを発見した。動かなくなった iPhone がある今、ハワイのジーニアスバー体験のいい機会ということで、とりあえず iPad に入ってるアプリで翌日のジーニアスバーを予約。けっこう空いてる感じだった。

ジーニアスバーで、きれいなおねーさんジーニアスに事情を説明したところ、有償ではあるけど交換してくれるとのこと(日本で買った iPhone は、交換できるやつとできないやつがあるらしい)。どうせ日本に戻っても交換してもらうことになるだろうし、ホノルルで iPhone 交換とかいい記念になりそうなので、その場で交換してもらった。日本と同じく、すぐに使えるようになってめでたしめでたし。いいオプショナルツアー(?)でした(お金かかったけど)。

f:id:kaniza:20121224162656j:plain

晩ごはん

お義姉さんとともに近くの日本料理のお店「踊子」へ。かなり日本語満載のお店で、お寿司や餃子、銀だらなどを堪能。Foursquare ではあまり評判がよろしくないお店だけど、味はおいしかった。

f:id:kaniza:20121224193435j:plain

イルミネーション

f:id:kaniza:20121224212804j:plain

晩ごはんのあと、クリスマスのイルミネーションが見られるということで、JTBの乗り放題バスで移動。あちこちの木やサンタの像がピカピカ光ってた。

道中のバスで全力で泣いてる赤ちゃんがいて、いくら母親があやしても泣きやまない。そこでバスの案内担当の現地のおばちゃんが抱っこしてあやしてみたところ、母親じゃない人に抱っこされて赤ちゃんはさらに激泣き。そこで母親の手に戻したら、赤ちゃんは安心してスッと泣きやんだ。すばらしい赤ちゃんなだめ作戦であった。

そんなこんなでホテルに帰還。昼間のうちにホテル前にローソンがあることを確認していたので、そこでおにぎりを購入。ホノルルではそこらじゅうにABCストアがあって、お寿司やおむすびも売ってるんだけど、がんがんに冷やしてあるから固くて食えたもんじゃない。さすがローソンはちゃんと食べられるおにぎりを売ってた。あ、もちろんビールも買って帰って部屋で飲み直した。

f:id:kaniza:20121231141119j:plain

4日目(12/25)

f:id:kaniza:20121225115850j:plain

この日は13:30にホノルル発の飛行機に乗るので、朝はパッキングしてホテルをチェックアウトするなどで終了。JTBのバスで空港まで送ってもらった。

いろいろ登場手続きをして帰りの飛行機に。着くのは日本時間で26日の18:00過ぎ。行きよりも長い9時間ちょっとのフライトになる。

娘は例によって離陸後すぐに寝て、機内食が出てきたあたりで起きてきた。しばらくは機内で観られる子ども向けのホームドラマみたいなのを見てケタケタ笑っていた。20分くらいのを2本、2-3回同じのを見てたのかな。英語だけど楽しめてたらしい。それでもさすがに9時間は長い。iPad をいじったり「まだー?」と聞いたり、ちょっと横になって目を閉じたりして過ごしていた。概ねよい子でエラかった。

僕は最初にちょっとだけウトウトして、そのあと「ビューティフル・マインド」「メリダとおそろしの森」「マイティ・ソー」の3本を観た。特に「ビューティフル・マインド」はよかったな。

マイティ・ソー」が終わってほどなく夜の関空に到着。日本は寒い。とにもかくにもおつかれさまでした。

はじめて行ったハワイ。素晴らしい天候やキレイな海、リゾートらしいいたれりつくせりのサービス、そして日本語サポートの充実ぶりで安心して楽しめた。いいトコでしたよ。マジックショーもよかったし、クジラやイルカを見れたのもよかったし、アップルストアもよかった。

そんなこんなでハワイ移住計画が一歩前進した5日間でした。あと7000歩くらいかな。

f:id:kaniza:20121223103242j:plain

追伸: 現地で撮影したビデオを6分少々の内容にざっくりとまとめたのでよろしければどうぞ。


ハワイ・オアフ島への旅行