kanizaのブログ

Apple 関連やコンピュータ、映画、音楽関連や家族のことなど、興味があることを書きます。

NHK大河ドラマ「平清盛」

放映開始当初から低視聴率なことが話題になっていて、僕も「いまいち面白くないなー」と思っていた。でも、見ているうちに物語の構図が飲み込めてきて、どんどんハマってきてしまっている。

特に、平治の乱でいったん源氏が敗れて、平家と旧来の朝廷勢力の権力争いになったあたりからの緊張感がすごくて、毎回、見入っちゃうんだよね。なんというか、すごく丁寧に作られていて、それぞれのシーンや台詞、仕草に意味があるし、リアリティも感じる。これまであまり知らなかった時代の話なので、あらたな興味も湧いてくる。ときおり挿入曲として「タルカス」のオーケストラ版が流れるのもたまらん。

相変わらず視聴率は低いみたいだけど、Twitter の #平清盛 タグなどは賛辞の嵐で支持している人はたくさんいる。メルヘンちっくだった昨年の「江」に比べたら100倍くらい面白いのに、低視聴率のために見ていない人からの評価も低くなってしまってはもったいないなーと思う。