kanizaのブログ

Apple 関連やコンピュータ、映画、音楽関連や家族のことなど、興味があることを書きます。

Wii U の「The Wonderful 101」をクリアした

Wii U の「The Wonderful 101」をクリアした。

もともとはマリオカート8関連のキャンペーンで無料で1ヶ月お試しプレイできるということでダウンロードした。他のゲームも選べたけど、前に評判が高いのを読んでいてちょっと興味がありつつも、いきなり自分でお金払って買うほどではないという「無料お試し」にピッタリな興味レベルだったのでコレにした。

結果、めっちゃ楽しかったわけです。ナメてました。ゲーム自体の面白さもさることながら、なんつーか、作り込み具合とか、盛り沢山なサービス精神とかに感心してしまった。無料期間の1ヶ月ではクリアできず、迷わずキャンペーン価格の40%オフで購入。ようやくエンディングまで辿り着いた。

ゲームの内容は、地球を侵略にきた軍団「ゲスジャーク星団連合無敵艦隊」に対抗する「地球連合秘密防衛機構センチネルズ」に属する100人のヒーロー軍団「ワンダフル・ワンダブルオー」を操作して、いろんな敵をどんどん倒していくというもの。

敵はそれなりの大きさでロボットっぽいヤツがいろいろ登場するんだけど、それに対する主人公たちの小さいこと小さいこと。ひとりじゃぜんぜん相手にならなそう。そこで、100人とかでゾロゾロと動き回りつつ、複数人で合体する特技「ユナイト・モーフ」で、巨大な拳や剣や銃に姿を変えて、敵を殴りまくったりぶった切りまくったり撃ちまくったりする。

敵はすげー固いので、本当に殴りまくったりぶった斬りまくったりしないと倒せないんだけど、大きな相手をやっつけるのはかなりの爽快感がある。敵にダメージを与えていくと、だんだん崩れていって、動きもヤケっぱちになってきたりと、そのあまりの固さに心が折られず戦えるようになっている。敵ごとに倒し方のコツがあって、それを見つけるのも楽しい。

ストーリーもキャラクターも魅力的。ヒーローもののカッコよさとダサさとギャクをうまい具合にブレンドしている。さっきの「星団連合無敵艦隊」とか「地球連合秘密防衛機構」とかみたいに、いろいろとやたら大袈裟な名前なんだけど、ぜんぶ狙ってのこと。さらに演出もド派手で「そこまでやるかー」ってシーンが何回も出てくる。まー、そのへんは実際にプレイしてみてのお楽しみということで。

それにしてもムズい。難易度「ノーマル」でゲームオーバーになりまくった。とにかく敵が固いし攻撃は速いので、うまくヒット&アウェイで戦わないとすぐやられる。わかってはいても、連続で攻撃がキマっているときなんかはついつい調子に乗って深追いして、ドガーンと反撃されるとか、そんなんばっか。ゲームオーバーになってもその場でコンティニューが効くので、いつかは勝てる。

まー、とにかく激ムズだけど超楽しいというゲームでした。達人がどんなプレイをするのか見てみたい。

でも Wii U 自体もあんまり売れてないっていうし、このゲームも実際プレイした人は限られてると思うともったいない。とりあえずマリオカート8のキャンペーン権利がある人はおすすめっすよ。

関連情報を挙げておく。


The Wonderful 101 紹介映像 - YouTube

 


The Wonderful 101 Direct 2013.8.9 プレゼンテーション映 ...

 

The Wonderful 101

The Wonderful 101

 

 

 

Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)

Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)